GOJARAPPE DAYS〜個人的な備忘録〜

アクセスカウンタ

zoom RSS サンタは高三まで

<<   作成日時 : 2013/12/25 22:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

クリスマスのサンタ代行。今年はやらないつもりでいた。もう正体がばれているし、本人も「服がほしい。友達と買いに行く」というので、じゃ、それが、クリスマスね。サンタ来ないよ。で、終了のつもりだったのだが。

ところが、毎日、毎日、部活でいそがしい。友達と服を買いに行く暇なんかありゃしない。そして、私と一緒に出かけたときに、ちょこちょこと冬ものの服を買ったりしていたので、あえて買いに行かなくてもという空気になったのがクリスマスの1週間くらい前。

子どもはしきりに「サンタさん、現金持ってきてくれないかな」などとぬかす。
「サンタの国はユーロだから。日本じゃ使えない」といえば、
「銀行で変えてもらうし。ってか、サンタ、親だし」という。
ああ、ホントにああ言えばこう言う子だ!!

親だとわかっているならなおさら現金なんか持ってくるはずないことくらいわかるだろうと思うのだが、本人的には欲しいものアピールだったようだ。

じゃ、しょうがない。今年も茶番だが、サンタ代行をするか!と、習い事で使う新しいリュックを欲しがっていたので、ネットで手頃なものを見つけてそれにお菓子を入れて贈ることにした。

そもそも、うちは小さい頃から「見ず知らずの外国人のおじいさんに、物をねだってはいけない」と言い聞かせているので、子どもの欲しいものではなく、親のあげたいものをあげるのがクリスマスのお約束。図鑑だとか、写真集だとか、3000円マックスで本が多かったかな。そういや、今年はクリスマス直前に「図書カードでもいい」とか言いだしたな(^▽^;)本なら自分の好きな本を買いたいというアピールだったのかしら。

で、今朝になって、枕元にプレゼントを発見すると、大急ぎで自室に持ち込み、がさがさと開け、中身を確認して、部活へ。

夜になって、「どう?」と聞くと「かわいい。明日から使う」と言って、長さを調整したりしている。そして
「ネットで買ったの?」とも。
「知ってるんだったら、一緒に選んだほうがいいじゃん」というと
「25日の朝、枕元にある感じがいいの」と、あくまでもサプライズにこだわる。
「もう来年はいいでしょう?」といえば
「いや、高3までお願いしたい」ときた

ひょえ〜〜〜〜。高3までこの茶番をやるの!面倒くさい……となってる私なのであった

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
サンタは高三まで GOJARAPPE DAYS〜個人的な備忘録〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる