QUEENと同じ時代に生まれてよかった!

「ボヘミアンラプソディ」を見てきました。タイトルは、FBでつながっているS谷さんのパクリです( ´艸`)。
無断借用すいません。>S谷さん

中学生の頃からよく聞いていたQUEEN。すごくファンだった記憶はないのだけれど、ラジオの洋楽番組を聞いたり、がんばってLPを買ったり、友人にカセットにダビングしてもらったり。パンフレットにあったディスコグラフィーを見ていて後追いを含めてフラッシュゴードンくらいまでは聞いていたなと思い出す。

パンフレットに東郷かおる子さんのお名前を拝見して、涙が出そうになったのだが、MUSIC LIFEやロックショーなど、シンコーミュージックの雑誌には本当にお世話になった。QUEENは自分にとって洋楽のというか、ロックの扉を開いてくれた存在だなと改めて思う。そして、最初に触れたロックのボーカリストが、フレディ・マーキュリーだなんて、なんという幸運だろう。

と書きつつ、当時の私はロジャーのファンだったのだが。

そんなリアルタイムでQUEENを聞いていた世代の私から見ても、映画「ボヘミアンラプソディ」は胸が高まる良作だった。なんのストレスもなく楽しめ、2時間15分があっという間に感じられるほど。

ひとつには、QUEENの4人を演じた役者が憑依したんじゃないかというくらい似ていたこと。予告を見た当初から「かなり寄せている」と話題になっていたが、見た目だけではなく、表情や動き、ステージパフォーマンスまでしっかりと再現されていた。たぶん、役者たちはものすごい熱量でこの作品に取り組んだんだろうな。その熱に圧倒され、若い4人がそこにいるような感覚になった。特にブライアンメイ役が激似で、見ているうちに、本人じゃない?と途中、何度も錯覚してしまったほど。

ちなみに、フレディのママも写真でしか見たことないけれど似ていた。


役者の熱演だけではなく、フレディの出自や、セクシャリティーなど、陰の部分もしっかり描かれていて、その事実が積み重ねが映画にリアリティを与えていたように思う。もちろん、フレディ・マーキュリーを語るにはそれらの陰を抜いては語れないわけだが、

不満は、ロジャーがスタジオやらパーティーやらで、常に女の子たちをはべらせていたあたり。それも複数だったり、毎回違ったりして、ちょ、やめて~~そんなとこまで再現しないで~~と心の中の14歳の私が叫んでいた(^^ゞ。

パンフレットでアニー・レノックスが

「私にとってのフレディは、人々が精いっぱい生きることを恐れていなかった時代のもっとも輝かしい象徴よ。二度とない時代かもしれないわね」

と書いてるのだけれど、まさにまさに。本当に多感な思春期にQUEENに会えてよかったよ



久々に。

ブログを引っ越したけれど、久々に戻ってきました。身辺雑記はここで更新しようかなと

もうブログの時代じゃないのかもしれないけれど。FBやツイッターでもいいんだけれど、あのとき、何をしていたっけ?の過去記事探すのが割と大変なので。

発表会

一昨日、娘のピアノの発表会に付き合う。これだけ部活やってるのに、まだやってるんだ?えらいねぇ~と、学校母さんには言われる。いや、ホント、おれもそう思うw

そう思うんだけれど、大会に勝ち進んで、部活をうかつに休めなくなったら、「夜ならあいてる?」と夜に変更してもらったりしてるので、もはや辞めるタイミングも失っているというねww

でもそうやって習わせたおかげで、クラシックの名曲や大曲にも挑戦できるようになった。中学生も高校生もいる教室なので、発表会はかなり難しい曲に挑戦するようになる。そして、中学生以上になると、本当に個性が透けて見えるような選曲や弾き方をするもんだなとしみじみと思った。

うちの娘は先生が推薦してくれた曲の中から「一番カッコイイと思った」曲を選曲。トランペットのファンファーレのような音から始まり、たくさんの楽器が鳴っていることをイメージしながら弾いたそうで、キラキラとした音色を響かせていた。吹奏楽部で合奏に明け暮れる娘らしい華やかな音だなと思った。

それぞれのピアノに個性がくっきりと表れていて、教えている先生はさぞや楽しいだろうな。これが高校生になると、どこか落ち着きが出て、音が大人になるんだけれど、その分、思春期のほとばしるような感じが影を潜めるような気がする。これは、吹奏楽を聞いていても思うのだけれど、同じ曲でも高校生のほうが洗練されていて上手いのだけれど、、中学生にはなんともいえない勢いというか、はち切れるようなエネルギーを感じることがあって、演奏としてはこっちのほうがおもしろいと思ったりする。まぁ、あくまでも個人の主観だけれど。音は心を表すね

猫の額を片付ける

画像
すっきり晴れた金曜日。今日は資源ゴミの日なので、週末にするつもりだった猫の額と通路の片付けをした。週末にすると刈り取った草木を出すのは来週の金曜日。しかし、ちょうどその日は出張で留守になると、出せるのは2週間後か……と考えると、洗濯機を回している間に今日やってしまおうと思い立ち、8時前から始め、なんだかんだと9時過ぎまでかかったが、資源の車が来る前には収集所に出してめでたしめでたしww

トマトは8月の終わりに片付けてしまったので、ミニトマトを全部引っこ抜き、アブラムシの巣と化していた紫蘇を抜き取り、茄子と通路のパプリカをせん定し、あっちこっちの雑草を引っこ抜いた。資源ゴミは大袋3杯分となり、多少はすっきり

空いたところには、腐葉土を追肥して葉物の種をうえようかなと。

茄子は秋茄子をもう少し楽しめそうな感じで、ふと見たら葉の隙間においしそうな実をつけていた。茄子は1本の木で100個くらい実を楽しめるそうだが、その半分も収穫できていないので、せん定の仕方等々が悪いのかなと反省

キュウリは、今朝も1本収穫できてしまったので片付けるのを躊躇して、枯れた葉やつるをせん定しただけで様子を見ることにしたが、あと10日くらいかな……。

逆に涼しくなったらパプリカが元気になった。どうやら霜の降りる頃まで収穫できると最近知ったのでしばらく大事に育てようと思っていたら、昨日、一昨日の雨の勢いで、実を2つつけていた枝が折れてしまっていた……orz

仕方ないので収穫したが、熟さないパプリカっておいしいのかな?ピーマンより肉厚だけど……しばらく常温で放置してみようかな。でも枝がぐんぐん伸びていて、花もたくさん咲き始め、小さい実がいくつもついているので、なんかこれから旬って感じ。

植物っておもしろいな。こんな狭い場所でもいろいろ植えていると、それぞれの時間軸で成長していくのがとても興味深い。春先に植えたブルーベリーは数センチしか成長していないのlに、5月初旬に植えたトマトやキュウリはあっという間に2m近くに成長し、役目を終えていくし。

春頃、鉢植えですっかり枯れてしまったプリムラの根っこだけを地植えに移し変えたのが、ここにきて、息を吹き返すかのように葉が出て花を咲かせ始めたり、そうかと思うとムスカリがはやばやと細いを葉を茂らせてもいたり。夏の盛りを終えたホウセンカの落ちた種がびっしり芽吹いてもいた。

当たり前といえば当たり前なんだけれど。植物にとっての生と死は、動物とは違うものなのだなと思ってみたり

そんなことをしてる間に午前中が終わってしまい。さてさて、仕事せねばだな


ブルーベリー

実家の庭にあったブルーベリーをもらってきてジャムを作った。小さくてあまり甘くない実。品種は何かわからないけれど、亡くなった父が新しもの好きで、ブルーベリーやらキウイやらが珍しい頃に植えているはずなので、もう30年くらいになるのかな、きっと。

だからブルーベリーってずっと、実そのものは甘くなくて、生ではおいしくないというイメージだった。でも、最近、猫の額に苗木を植えて、数粒くらいの収穫ができたら印象激変。粒は大きいいし、生で食べても甘くておいしくて。

かつては手にいれにくかった品種が一般的になったのか、それともホームセンターに並ぶような苗でも革新的な品種改良があったのか、この30年くらいでのブルーベリーの普及を思えば、その両方かな……とも思うのだが、果実の苗1つとっても、食の好みに合わせて、変遷をしているのだなと、発見した。


ちなみに植えたのはラビットアイ系ブライトブルーと、クライマックスという品種の苗を2本。2本植えのほうが実がつきやすいというので。果実は実がたわわに実るまで時間がかかるので、この木でジャムを作れるようになるまではあと4~5年かかるかな。

実家のブルーベリーは、木の更新をしながら、ていねいに育てているせいか、年数が経っても充実している。今は、実家の兄嫁と、私とで分け合う感じでもらっているけれど、同じようにいつまでももらえるわけじゃないだろうな……なんて考えてもみたりする。

兄一家が継いでそれなりの年月が経ち、実家は母親の顔を見に行く程度になってしまった。そのおかげで、これまで自由に生きてこられたので感謝すべきところなのだが、どことなく淋しい気持ちを抱えて帰ってくる。女三界に家はなしという言葉を噛みしめつつ。

あと4~5年して我が家のブルーベリーが充実してくると分け前もなくなるかな。淋しい気持ちもしないでもないが、それは、きっと幸せなことなんだろう……ととりとめもなく思う

梅仕事2014

6月最後の日曜日。今日で今年も半分が終わるなんて嘘みたいなホントの話だわ。昼間は娘のピアノ検定につきそって昼間が終わり、夜は梅仕事をちまちまと。

子どもが保育園で梅ジュースを作ったことをきっかけに家でも毎年のように梅ジュースや梅酒を漬けるようになった。ブログを検索したら、2005年に今年で2回目となっていたので、最初は2004年か……10年も前なのね。

去年、作った梅ジュースがイマイチ消費が少なかったので、ジュース類はやめて今年こそ梅干しを作ろうと早くから決めていた。実家の母が梅干しを作るのをやめてしまってからというもの、梅と塩だけで漬けるシンプルな梅干しと出会うのがとても難しくなって、いよいよ自分で漬けるか!って感じで。

梅を生協に頼もうと思いつつ、タイミングを逃してしまったようなので、近所の市場に調達にいく。スーパーにも売っているんだけれど、1kg750円くらいとやや高めだったので、市場なら安いかなと。

市場にある八百屋では和歌山産の南高梅1kg500円。2Lサイズで粒も揃っている。何キロ買おうかな……と考えていたら、そこのオヤジに、「それで最後だから5kgくらいあるけど、2000円でいいよ」と勧められる。5kg……それは多いかも……と思いつつ、勢いにおされて購入決定。
画像


結局、2kgを梅ジュース、1kgを梅酒、2、2kgを梅干しにすることにして日曜日に一気に作業。まだ青いかなと思う梅は梅ジュースや梅酒に。ちょっとぶつけた跡などがあるものは梅酒に回した。価格の割には捨てるほど傷んだものはなく、いい感じに黄色くなっているものを中心に梅干しに。

数年前にはへた取りを手伝ってくれた子は、すっかり知らんぷりでイッテQなんかを見ている。しかし、氷砂糖は魅力的らしく、ちょいちょい口に入れてとやってくる。まったく、まだお子様だわ。

ひたすらチマチマと作業をすると、あっという間なんだけれどやっぱり梅干しは手間暇かかるな。

さて、どんな感じに仕上がるか。楽しみだ

庭仕事の記録

画像
4月16日 
となりの空き地に家が建った。隣家との境がフェンスだけでは心もとないなと思っていたら、なぜか無粋な塀を立てられてしまったので、生け垣代わりにトキワマンサクの苗を4本植える。植えてみて4本では少ないかなと思い直し、2本追加注文し、20日に植え計6本。苗はすべてネットで購入。なんでもネットで買えてすごい時代だ

4月20日
どよんとした日曜日。週末は気温が低く風も冷たい日が続いていたが、今日もちょいと寒そうで、「ああ、庭いじりとか面倒」な気分。しかし、苗を買ってしまったし、週明けはいろいろ忙しいから作業。なんだかんだで2時間ちょいかかったが、満足w植えたのは隣家との間にある通路にキュウリ(春夏節成)とスティックミニというサントリー製のキュウリ、庭になす千両2号、デルモンテのビギナーズトマト(ミニトマト)贅沢トマト(大玉)、パイナップルセージ。葉を触ったら本当にパイナップルの香りがしたので、衝動買い。あとバジル用に庭の一角を耕す。

4月27日
空いた時間にセージ、ローズマリーを植え、葉物の間引きをする。グラジオラスの球根を植える準備

4月29日
グラジオラスを3色、6個、植える。バジルの種を播く。しそ、みょうが、ダークオパールバジルの苗を植える。ラベンダーの苗を植える。トキワマンサクの根元にサルビア、マリーゴールドの種を植える。クリーピングタイムの苗も買ったが、ほふく性で横に広がるらしいので、とりあえず、植木鉢へ。詳細はその後考える

以上で、だいたい播種や苗の植え付けは終わりかな。あと植えてみたいのはクレマチス。梅干し用の赤ジソ。コリアンダー。

写真はミョウガの苗。日影に植えれば放っておいても増えるイメージなので、木の根元に植えてみた。

風雪に耐えて

一気に暖かくなっている今日この頃。ちょいと遅めの12月に
画像
植えたムスカリもようやく花をつけた。パンジーやビオラも盛りを迎え、次々に咲いている。今年は冬がとても寒くて雪が根雪のように1ヶ月近く残っていたたえめか、地植えにしら花が大きく、色が一層鮮やかな気がする。

2月の末はこんな感じだった。

画像
もちろん、秋の終わりに腐葉土を混ぜ込んだりして栄養がたっぷりというのもあるのだけれど、風雪に耐えた分、より鮮やかなのかななどとこっそり思ったりしている。春爛漫だわ

播種

画像
晴天に恵まれた穏やかな土曜日。午前中に掃除等々の家事をした後、庭仕事をする。先週、隣家との間に作った細長い花壇の半分に、ルッコラ、ほうれん草、小松菜、小カブの種を植えた。畝を立て、半分に区切ったところにフレンチマリーゴールドの種を播いた。もう半分には、トマトやキュウリ、ナス、ミニトマトを植える予定でいるけれど、4つ植えるのスペース的に厳しい気がしてきた。もう少し暖かくなったらバジルも植えたいのだが、場所がないわww庭に花と一緒に植えるかな

画像
その後、先月の末に買ったブルーベリーの苗木を猫の額に植える。ブルーベリーは同じ系統の別品種を植えたほうが実がつきやすいそうなので、2本植えてみた。ブルーベリーってそれほど高くはならないけれど、横にボリュームがあるから、支柱を立てて、あまり広がらないように麻のひもでゆわきつつ。……写真を見て気づいたけれど、結び方、これじゃダメだな。八の字をかいて余裕を持たせるんだっけ。明日直そう