GOJARAPPE DAYS〜個人的な備忘録〜

アクセスカウンタ

zoom RSS ひとり花見

<<   作成日時 : 2014/04/02 02:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
午前中に私用が1つ、午後に打ち合わせ等を2つ入れて、都内各所を効率よく回る予定だった年度初め。最初の予定が思ってたより早く終わってしまい、お弁当を買ってどこかで桜でも眺めながら、食べようかなとぼんやり考え、ああ、そうだよ、雑司ヶ谷の法明寺に行かねばと思い立つ。毎年来ているので、「懐かしい!」という感じでもないのだけれど、今年は部活娘が多忙を極めているので、家族では来られないかもと思って。そういや、子どもが初めて見た桜もこの桜。まだ3ヶ月にも満たないときだったけれど、満開の桜の下にベビーカーを置いたら、表情がぱっと輝いたっけな。なんてことを思い出す。

自分にとっては、初のひとり暮らしをした東京のふるさとともいえるまち。ここの参道の桜を愛でないとなんとなく春が来た気にならないのよね……

雑司ヶ谷は、都心に近い割には、個人商店が並んでいたりする庶民の町で、最初に来たとき映画のセットみたいな町だなと思った。その雰囲気はいまも変わらず、池袋から歩いて10分程度とは思えないくらい静かでこじんまりとしている。個人商店には思い入れのある店も多く、中でも法明寺の近くのパンやお弁当を売る三枡屋という店が好きでここのサンドイッチをよく買っていた。いまもあるかなと思っていったらちゃんとあった。店先こそ変わらないが、当時よりメニューも増え、奥の調理場も立派になって、相変わらず繁盛しているようだった。

朗らかで、いつも笑顔で店先に立っていたおばさんは、おばあさんになったいまも、にこにこと接客をしていた。無口なおじさんが亡くなったこと何年も前に聞いた記憶があるが、奥を覗くと息子さんが調理場に立っているのが見え、ああ、後を継いでいるんだな、なんていう変化に時の移り変わりをしみじみと噛みしめる。なんか絵本の一場面に入ったような気持ちになりながら……

そして、時は移り変わっても、今年も変わらず咲き誇る花のたくましさを思った

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ひとり花見 GOJARAPPE DAYS〜個人的な備忘録〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる