GOJARAPPE DAYS〜個人的な備忘録〜

アクセスカウンタ

zoom RSS "テゴマスの青春"の感想をざっくりと

<<   作成日時 : 2014/01/24 00:40   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 1

アルバム、テゴマスの青春、通常盤の感想をざっくりと。忘れないうちに、自分メモ的に思いつくままに。

どこから書こうかな……。まずは、2人の歌唱。ブログやツイッターでファンの方がざわついているように今回は今までで一番いいできなんじゃないかな。テゴマスでやってきたことに、NEWSでいろいろあった末の今を手にした経験も生かされているんだろうな、どの曲も、歌声に説得力がある。2年3ヶ月ぶりだっけ?その間の時間がいかに2人を成長させたかがわかる。

全体的に曲のカラーに合わせつつも、2人とも自由に歌い上げていて、歌声が曲に命を吹き込んでいるような感覚になる。だからかな、何にも考えないで歌声を追う聴き方がすごく心地良い。いわゆる癒やしとは違い、力がある歌声が良く鳴る楽器のように響いていて、すっと耳に入ってくるような心地よさ。声も楽器とはよく言われるけれど、それになぞらえれば、私はこの楽器がよく鳴って響いている音が好きなんだなと改めて感じた。

曲は、作曲家陣が、どんな歌声を作れるかを試しているような印象を受ける。どこまで声が出るかじゃなくてどんな歌声になるか。歌声の力に期待して信頼していろいろ冒険をしているような感じ。NEWSでは他のグループとの違いを明確にするためか、手越さんの高くて、張る声が強調されるけれど、テゴマスでは個々より、2人の声を生かした歌声が重視されているように思う。

ジャニーズの歌の特長って、私は、平等な歌割りと、ユニゾンの多用にあると思っていて、それは、メンバーの個性を際立たせるためだろうし、ファンに「●●クンの声」と認識させるためでもあるのだろうけれど、その意味では、ジャニーズらしくないアルバムだろうな。もちろん、歌割りは基本平等だし、ガチンコ勝負的に全力で歌い合ってるのだけれど、どこか2人の声が似てきた気もして、むしろ、●●くんの声は案外気にならないで聞けることが、より心地良く聞こえることにもつながっているのだと思う。

何回か聞いた印象で、あえて好みを選べば"ファンタジア""innocence"、"色鮮やかな君が描く明日の絵"、辺りが好きかな。あと、"月の友達"の歌唱も好きだな。"月の友達"は、自分で作ってる曲だから、歌っていて気持ちのいい音の高さなのだと思う。だから聞いててもすごくツボに入る感じ。

特に印象的なのはファンタジアかな。既存曲、"シュプレヒコール"、"魔法のメロディ"の小松清人さんという方の作曲。どちらもソロと、ユニゾンと、ハモりのバランスがよく、2人の掛け合いもあって歌声を存分に堪能できる曲で、ファンタジアもそのライン上にある。この手の曲が苦手なテゴマスファンは、少ないような気がする。

そして、そのいわばテゴマスらしさを楽しめるような曲を、亀田誠治さんに編曲を依頼したって辺りは、制作サイドのGJと言うしかない。勝訴!って感じ。何に勝ったか知らんけど。

亀田さんって、直球ど真ん中のアレンジを堂々とできる人だと思う。この曲も、ピーターパンが叶わぬ恋をしたような歌の世界を、ほろ苦さと切なさの直球でアレンジしている……ように聞こえる……と、音楽の専門家じゃないので、自信なさげな書き方wwピアノの始まる悲しげなイントロとか、サビに入る前の一呼吸入れるかのような音の切り換えとか、歌謡曲の王道っぽくも聞こえる。

これが、リード曲でも良かったんじゃないかなと思うけれど、青春のさわやかさとはちょっと違うから仕方ないのかな。いい意味で俗っぽくて万人受けしそうなアレンジで、歌詞の世界観とあいまって、夜10時台の大人のドラマのエンディングテーマなんかにも合いそうな感じもする。個人的には今度シングル出す機会があったら、このくらい歌謡曲テイストでかつ歌唱が堪能できる路線でお願いしたい。

曲もいいんだけど、全体的に詞もいいなと思う。" ファンタジア"の物語が浮かんでくるような歌詞も素敵だし、"色鮮やかな君が描く明日の絵"も言葉遊びみたいでいい。タイトルからしてジャニっぽくないわけだが、バイオリンの音色にのった色とりどりの言葉がみずみずしくて、歌詞を読んでいて、これを作った人、どういう人なのだろうかと気になった。でも全く情報がないのはなぜ?新人なのかな。そんな感じで、作家陣は、おなじみの人もいれば、検索しても情報が出てこない人もいるので、よくわからないけれど、30歳前後の若い方が中心なのかな。

私などは阿久悠さん辺りを引き合いに出して「最近の職業作家は云々」といいがちなのだけれど、若い作詞家が歌い手を育て、力をつけた歌い手がまた作詞家を育ててきたからこそ、阿久悠という作詞家が巨人になったわけで。作曲家もしかり。そう思うと、あまり「最近の云々」を言うものでもないのだろうなと、反省してみたりもした。

作詞家は言葉を編み、作曲家は曲を奏で、編曲者がいまの空気を微妙なさじ加減で取り入れながらアレンジをし、歌い手がその歌に命を吹き込む。作り手と歌い手が切磋琢磨しながら、時代のちょっとだけ先を歩こうとするからこそ、流行歌は多くの人に刻まれるんだよね。

と書くとカッコイイけれど、当たり前っていえば当たり前の事。でもそういうシンプルな作業で作られたであろうアルバムが、妙に新鮮に感じるのは、それができる歌い手が少ないってことなのかもしれない。そして、その辺りが、惹かれる理由だったりするのかな。

と結論づけないとなんとなく終われないのが、悲しい性よのう。しかもざっくりとかいって相当長いし。褒めすぎな気もするし。でも、自分メモなので、ていねいな推敲はなしで。ここまで読んでくださったかた、お疲れ様でございました( ´艸`)


テゴマスの青春(通常盤)
(株)ジャニーズ・エンタテイメント
2014-01-22
テゴマス

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by テゴマスの青春(通常盤) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
NEWSかっこいいですよね♪
脱退など苦しい時期を乗り越えた今のNEWSが大好きです(*^^*)
脱退のときは信じられなくて、どうしてどうしてと悲しくて。
成長して仲良くて前向きな四人が愛おしくてたまりません\(^o^)/
NEWSをジャニーズナンバー1に‼️‼️
てっぺん目指せー(=´∀`)人(´∀`=)
雪りんご
2014/02/19 03:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
"テゴマスの青春"の感想をざっくりと GOJARAPPE DAYS〜個人的な備忘録〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる