GOJARAPPE DAYS〜個人的な備忘録〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 備忘録

<<   作成日時 : 2011/03/24 01:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
地震の備忘録。書き出すときりがないとおもっていたけれど自分の記録として。ツイッターにばかり書き込んでいて、でも文字を消耗しているだけの気もするので、明日からは少し控えよう

先週は長かったなあ。ホントに。

地震の際、山口県宇部市で取材中だったので、揺れはまったく知らなかった。取材を終えて、当初は新幹線で帰ろうかと思っていたのだが、思いがけず早い飛行機に乗れそうだったので、タクシーで空港に行き、カウンターでチケットを買う際に初めて「宮城で大きな地震がありまして、羽田空港の滑走路の一部が剥がれてしまったので、遅れが出るかもしれない」と聞かされた。ん?また宮城、何日か前にあったよな。羽田も揺れたんだなってくらいのんきだった。

だから空港のテレビで「宮城・茨城大地震」という文字と、市原のコンビナートが延々と燃える様と、宮城の津波の映像を見たときは、言葉が出なかった。そこにいた人みなそうだったと思う。とにかく子どもを学校に迎えにいってもらわんとと、夫が休みだったので家や携帯に電話してもつながらない。実家の様子を知りたくても電話して何回ならしても出ない。ツイッターにアクセスしたところ、東京やその近郊は揺れたものの大丈夫だというのはわかって少しホッとした。

結局、夫はすぐに迎えに行ってくれていたらしく、それをメールもくれていたのだが、メールも混乱していたようで、学校からの連絡網とあわせてまとめて届いたのは夜になってからだった。実家も揺れたものの無事で、単に、地震で散らかったものを片付けていて、電話に出ようと思ったら切れたということだったそうで。それにしても、無事が確認されるまでの不安といったらなかった。子どもの声を聞いたときは、涙が出た

その日は空港に足止め、仕方が無く、ホテルに泊まる。ホテルで胸が締め付けられそうな思いで、1人テレビで地震の映像を見ていた。翌日帰宅。

洪水のような情報をかき分けながら、支援情報を書き、通常の仕事をしながら過ごす先週、そして今週。

計画停電からも外されるものの、電気やガス、さらに水の消費にはこれまで以上に気を付けながら過ごしている。皆、そうだと思うけれど、自分の生活スタイルを見つめ直している。

被災地の映像は見れば見るほど悲しくなる。津波とはこうも破壊力を持って人の生活をねこそぎ奪っていものなんだな。何もかもうしなった地域が岩手から宮城、福島、茨城、そして千葉と続いてるなんて、わるい夢を見ているのではないかと思う。ただ、悪夢ではなく、現実なので、1日も早く復興を祈るしかないよな。自分は、物書きのはしくれなので、書くことで復興に役立つなら、応援したいし、農業や社会貢献をテーマにしている自分としては何かしていかなければいけないとも思う。特に農作物の風評被害にははらわたが煮えくりかえる。

不安かと言われれば、ものすごく不安。皆同じだよね。余震もあるし、原発はどうなるかわからないし。子連れで西に避難だ、疎開だなんて文字を見ると「そこまで過剰にならんでも」と思いつつ、その気持ちがわからんでもない。

でも、ここが自分の暮らす場なんだ。ここでは満足できないから、どこかへ行くなんて生き方はできないし、選びたくない。自分が選び、作ってきた場所はここだと、今回改めて思う。

幸い、家も家族もなんの被害も受けず、それまでと同じように暮らせている。ニュースを見ると不安がかき立てられるが、考えると自分はずっと不安を抱えて生きてるよ。根無し草のフリーランスなんて、いつでも不安。ずっと不安。その不安と、放射能物質の不安違うかもしれないが、それを解消するのは、原発から逃げたって無理だ。

だいたい54基もあるんだし。どこに逃げる? 離島くらいしかないだろう、たぶん。原発は不要だと訴え、エネルギー政策を転換してもらうことでしか不安はなくならないんだろうなと思う。なので、不安に飲み込まれないように、当面、うまく付き合っていくしかないよな

写真は、池袋の宮城県のアンテナショップ前にての募金活動。伊達政宗さんもいたんだけれど、別のところにいたので、撮れなかった

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私も第一報をこちらのTVニュースで見た時は絶句しました。
ごさんの消息がツィッターですぐわかって、私も万一に備えてツィッターとフェイスブックのアカウントを作ろうかと思ったくらいです。
わずかな募金以外に何もできない私は礼拝の度に、被災地域の一日も早い復興を祈るだけです・・・。
フラ
2011/03/26 16:29
フラさん
ご心配おかけしました。東京及び周辺は余震があるものの、落ち着きを取り戻しています。
原発がね……、不安ですが、まぁ、なるようにしかならんと腹括っていますよ

被災地の復興とこれまでの価値観の見直しと
私たちの社会は、大きな課題を背負ったと
思っています

2011/03/26 23:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
備忘録 GOJARAPPE DAYS〜個人的な備忘録〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる