GOJARAPPE DAYS〜個人的な備忘録〜

アクセスカウンタ

zoom RSS はるゆたか

<<   作成日時 : 2010/10/09 23:52   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
北にいってきた今週。

江別で、知る人ぞ知る国産強力粉はるゆたかを入手してきた。この写真は江別製粉というところで無料ダウンロードさせてもらった写真で、もう、収穫はとっくに終わっている。はるゆたかはこういう麦だということで、アップしてみた。麦秋の風景も、地域の財産だよね。来年、収穫の時期に北海道旅行しようかな。

パン焼きをする主婦や、高級パン屋さんからの人気が高いのと、去年が不作で、今年も去年以上の不作だということで、ホントに普通じゃ入手不可能になりつつある小麦粉。米粉を小麦粉に近づけるより、小麦の作付け増やしたほうが手っ取り早いはずと思っていた私だが(実は今も思っている)、日本のような多湿な風土で、しかもここ数年の温暖化傾向の中で麦を安定して生産するのはなかなか大変なんだなとしみじみ思う。

取材で御世話になった人に「はるゆたかで一度、パンを焼いてみたい」と何度も言っていたら、あちこち電話してくれて、Aコープにあること確認してくれ、そこまで連れていってくれたのであった。もちろん、まじりっけなしのはるゆたか100%。まだ今年のは出回っていないので、去年産だそうだが、貴重品であることは間違いない。つい調子に乗って3kgも、購入。

さっそくホシノ天然酵母を起こして、HBで食パンを作ってみることにした。モチモチとした食感と香りが特徴だという。粉はとてもきめの細かい印象。ああ、やっぱり手ごねか、こねだけHBで成形〜焼くのは自分でやればよかったと少し後悔。次回は自分でやってみよう

そして香りは?くんくんとかいでみたが、う〜ん、小麦の香りだよなとしか感想がない素人。でも、この小麦の香りをかいだあ、いつも生活クラブで買っている国産ブレンド小麦(国産とカナダ産)を試しにクンクンとかいでみたら、こっちのほうがなんか混じっているようなというか、確かに匂いが違う。ああ、なるほど、毎日、パンをこねている人はきっとこの違いに気づくんだなと納得。生活クラブのも品質はいいんだけれどね

水の加減が難しいと聞き、検索をかけてみたが、今ひとつ要領を得ない。国産小麦は水の量を10mlくらい減らせとHBのマニュアルにはあり、ネットでは10%とか20%とかある。天然酵母の水分を考慮して、10%ほど減らして、HBにセットした。うまく膨らむかな……ドキドキ。

ちなみに粉300g、素精糖大1(12g)、真塩中2/3(5g)、生種大12/3(32g)、冷水165mlの分量。焼いてるときの香りも全然違うというので、明日の朝、早起きせねば!

画像
小麦の里、江別として農商工連携で製品化に力を入れているとこのとで、仕入れてきた戦利品(?)。

昨日会った編集にはるゆたかの話をしたら「小麦の品種なんて考えたことなかった」と驚かれたが、私だってこんな仕事でもしていないと小麦の品種なんて気にも留めなかったに違いないと思う。人は、生きてる限り学び続けるのだな

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
はるゆたか GOJARAPPE DAYS〜個人的な備忘録〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる