GOJARAPPE DAYS〜個人的な備忘録〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 米粉

<<   作成日時 : 2010/09/24 23:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
出かけたついでに、お台場で米粉フェアをやっていたのでのぞいてきた。農林省が今もっとも力を入れている自給率向上のプロジェクト、フードアクションジャパンの中でも柱になっている米粉需要の拡大。補助金も相当出ているそうで、自治体やJA、製粉メーカー、農産加工機械のメーカー等が、自社製品をアピールしていた。

キーポイントは、どこまで小麦粉に近づけるかってところ。ホットケーキミックスだの、お好み焼きミックスだの、カレーやらシチューのルーだのが、いろいろと製品化されていた。

ここ数年、いろいろな場所で米粉製品を試食したり、米粉を買ってきて自分でも作ってきたりしたが、今日、いくつか試食させてもらったものの中には、ホント、小麦粉と遜色のないものも多かった。日本人ってこういう技術革新させたら、すごいよなと感心する。学校給食とかでガンガン使っていくといいんじゃないかな。実際、小麦アレルギーの対策ということもあるらしいし。

画像
これ↑米粉のパンね。食感はもちもちしていたけれど、結構、おいしい。米と言われないとわからない人もいるかも。ただ、どうしても重たいので、好き好きだとは思うけれど。

数年前は、米粉の食パンを食べているとお餅を食べているような気になったもんだが、そういう感じはなくなり、洗練されてきたと思う。

自給率向上だなんだという割には、米あまりだし、米価も安いし、しかも少子化だしと、米そのものの需要が拡大する要素なんて1個もない。

前に取材した米専門の農業法人の社長は、「作ってくれという田んぼは何十haもあるけれど、買ってくれるところがないから、限界がある」と言ってたけれど、ホント、そうだろうなと思うわ。

だって、考えたら、我が家だって、平日、夫がいない日の米は2合しか炊かない。それでも、夕飯だけでは食べきれず、朝食に食べればいいけれど、子どもがパンがいいということも多いので、余る。

勢い、冷蔵庫には冷凍ご飯のストックがたまり、もったいないので、家族のいない昼、ご飯をチンしてお母さんはチャーハンだの、レトルトカレーだので食べていたりする。ああ、お母さんの体の3分の1は残りものでできているわけよ。

仕方がないので1人暮らしかい?と思いつつ、最近は1合半くらいで抑えたりね。それでも、お茶碗に半分くらいあまることもあるんだから、食べないもんだよな。

でもさ、生産者的にはどうなのかなとも思う。米粉はだいたい普通のうるち米だから、米飯用で作ったつもりが、米粉になりましたってちょっと寂しくないのかな? んなことはないかな。

そうはいっても、異常気象続きで、よその国の食料に頼るのもいい加減にしないとな。国内でまかなえるものは、うまく工夫してまかなったほうがいいよね。そういうある物をうまく工夫して向上させてく技術ってのは、ホント、日本ってすごいと思うので。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
米粉 GOJARAPPE DAYS〜個人的な備忘録〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる