GOJARAPPE DAYS〜個人的な備忘録〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 子ども手当

<<   作成日時 : 2010/05/30 01:46   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

週の半ばに役所からなんか来たなぁ。税金か?国保か?と思って封を切らずにいたのだが、開けてみたら子ども手当の認定通知書だった。請求の手続きしなくてもくれるんだ。年金は自分から請求しないと自動的にはもらえないと前に聞いたんだけれど、サービスいいな。

何に使うかな? 有り体ですが、貯金しましょうかね、我が家は。子どもの学費として多少は蓄えているけれど、蓄えは多いほうが安心だ。そもそもいつまでもらえるのかも定かではないし。

ばらまきだという人も多いし(確かにばらまきだ)、親が遊興費に使うんじゃないかとかいろいろ批判もあるし、対象年齢の子のいない世帯は、不公平感の募る制度だとは思う。でももらうほうが得してるかといったら、そうでもないだろううよ。

だって、めぐりめぐってこのツケを払わせるのは、手当の対象となってる子どもたちなんだ。この子たちが次の世代の大人なんだもの。

これから税金も社会保障費もどんどん負担が大きくなっていくだろうし、社会に出ていく10年後とか15年後にはもっと厳しい社会になっているかもしれない。良くなってるもしれないから、こればっかりはわからないけれど、少なくても高齢化は進むだろうから、税金と社会保障費の負担は大きくなっているはず。

私なんかは、高度成長期に育って、大人になったらバブルでという時代に、子どもから社会人になっているから、基本、生き方がぬるい。今が多少悪くたって、明日は明日の風が吹くと思ってるし、大した仕事ができなくても、ヘラヘラ好き勝手なことして、なんとか食いつないでこられたけれど、そんな甘い考えじゃ渡っていけない世の中になるだろうよと、思う。

そう考えたら、多少のことがあっても、食いっぱぐれないくらいの力を付けさせないとと思う。別に偏差値高い大学なんか行かなくてもいいけれど、男だろうと女だろうと、時代の変化に対応できかつ自分の生活をしっかり成立させるくらいに稼げるような大人にしないと安心して社会に出せませんって。なので、貯金しておいてそれに備えますわ、母はそう思うのであった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私も移民一世の私たち夫婦は低所得層に甘んじても、二世の子どもたちには親より良い生活をしてもらいたいと思うなー。
フラ
2010/06/05 18:04
フラさん
何をもってしていい生活というかはわかりまへんが、しっかりしてるお子さんたちのようだから大丈夫じゃない?

2010/06/05 22:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
子ども手当 GOJARAPPE DAYS〜個人的な備忘録〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる