GOJARAPPE DAYS〜個人的な備忘録〜

アクセスカウンタ

zoom RSS つながる

<<   作成日時 : 2010/03/01 22:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

仕事に集中するためにネットを切っているはずなのに、気がつくと読みかけの本などを読みあさっているアホな私さ。

今日はふと本棚にある山原船物語が目に入り、読みふけってしまった。もう何度も読んだのに。書かなきゃならない原稿があるのに……。アホアホ。

でも改めて読んでいると、行間から「なんで今までこの店を知らなかったのか」と作者の無念さ(?)のようなものが伝わってくるのがなんともおもしろかった。

ネットがあたりまえの今だったら、この方の趣向や住んでいた場所を考えると、簡単にキャッチできていただろうな。けれど、それがなかった時代は、口コミか、通りすがりか、雑誌の小さなコーナーかでも見ないと、こういう店はひっかかって来なかった。

それはそれで、とても幸せなことだったような気がする。

ネットのない頃は、いろいろなこととつながりたかった。私がフリーという立場だっただけではなく、世間一般にそんな空気があったような気がする。

参加したことはないけれど、異業種交流とかが盛んだったのなんてその良い例。ま、これは今も盛んかな。でも、ああいうところへ行ったって、名刺交換するくらいじゃ、何も使えないわけだが。

仕事じゃなくても、興味のあることの情報を必死で集めるのもそうだろうし、聞きかじった店にドキドキしながら足を運んでみるのもそうだろうよ。ネットがなくたって情報過多と言われて、「電話とファックスで何でも済ますな」などと年長のライターにいわれたこともあったはずなのに、今は、その頃とは比べものにならない情報の洪水。簡単にわかった気になるけれど、なんだか、お腹いっぱい。20代くらいだとそうでもないんだろうけどね。

何かとつながるのは、少しくらい苦労しないと、ありがたみがないのかもしれないな。アナログな私は、そう思う。次から次へと流れてくる情報だけで知った気にならないようにと、自分に言い聞かせる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
いやあー実は。他人に何冊も売りつけておきながら「山原船物語」、自分ではまだ1回も読んでません・・・

えーと、その。論点その壱。ご殿も自分も、ネットのない時代にあの店にたどり着いてますんで、冷たいようですがこれもご縁かと。少なくとも自分は、三線を教われる場所をあの当時は血眼になって探しましたよ。

2010/03/02 22:35
論点その弐・・・と思ったけど単なる追伸。

情報は「アナログ」で「苦労」して手に入れるものだと思います!

2010/03/02 22:52
かさん
タイ公演の大成功(?)おめでとうございます。

で、なに? あの本、読んでないのですか! 

じゃ、あの衝撃の事実も知らないわけか……

と、煽ってみる
煽られないか! 

アナログで苦労して得たもののほうが、
大事にしようと思うもんですよね イヤ、ホント。

私は、地図を片手に鶴見の爺さんのとこに三線を買いに行った記憶など、認知症になっても忘れない気がします。

しかし、そう書いてる私は、随分前から
三線が飾り物になっているのがなんですが……

2010/03/03 23:37

コメントする help

ニックネーム
本 文
つながる GOJARAPPE DAYS〜個人的な備忘録〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる