GOJARAPPE DAYS〜個人的な備忘録〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 田遊び

<<   作成日時 : 2010/02/15 00:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像
雪の降る夜、板橋の田遊びに行く。古来から脈々と受け継がれる神事と聞いていたので、前から行きたかったが、なかなか時間が合わなかったので、今年こそは雪が降ろうが槍が降ろうがと……。

高層の団地群を横目に、高速道路の高架をくぐり抜け、人気のない坂道を上りながら「ホントにこっちでいいのか?」と不安になった頃、赤塚諏訪神社に到着。この辺りは、明治以降、赤塚田んぼ、徳丸田んぼといわれた東京の穀倉地帯だったそうだ。確かにこの高低差、高島平団地辺りは、一帯、水田だったんだろうなと納得できる。

家にある農業本には昭和30年代の赤塚田んぼの様子が出ていたが、高島平を日本住宅公団が買収したのは昭和31年だということなので、高度成長期を境に急速に都市化したんだろう。

板橋の田遊びは、1年間の稲作の様子を模倣した行事で、もがりという舞台の上で演じられる。詳細は、アルバムにアップしましたので、よかったらチラ見していってください。解像度を下げているので、イマイチわかりにくいかも。

田遊びそのものは人に見せるものではないらしく、ほとんど見られませんでした。写っているのは神輿とか、花籠とか、獅子舞などです。詳しくはそのうちどっかに書きたいね。

赤塚諏訪神社と徳丸北野神社で行われており、国指定重要無形民俗文化財に指定されているそうだ。典型的な郊外の住宅地で、遠くに高速の車の音を聞きながらの神事は、いったい今自分がどこにいるのか不思議な感覚になる。

おまけに寒くて寒くて、スキージャケットを着ていったが、ズボンの下にタイツを履くのを忘れてしまい、体の芯まで冷えてしまった。それでも、とても見応えがあり大満足。

この悪天候でも、知る人ぞ知るなのか、結構な人出であった。

しかも、「M田さんの三線教室が云々」「え、なに、それやめてよ」とかなんとか聞き覚えのある名前と声に振り向くと、M田さんがいてびっくり。何回か見に来ているらしい。

M田さんの嗜好を考えれば、いても不思議はないが、この広い東京で、こんな寒い日に、それほど有名じゃない神事で、知り合いに会うとはちと驚いた。

類は友を呼ぶとはこのことかいな。なんて、書いていると「あ、それ前に行ったことあるよ!」と書き込む類友がいそうだな。遠慮なく書き込んでいってね……。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
面白そう! 見てみたいな〜
高島平って田んぼだったの?
田んぼに団地建てちゃったんだ〜
相当沈下したんだろうね。

それにしても、
板橋に、まだこんな神事が残ってるなんて、
ビックリだ。
カネコ
2010/02/18 14:11
カネコさん
お、見てみたいですか?
類友がまた1人。
では、来年、ぜひご一緒に。

2カ所で行われていて
毎年、2月11日と13日のようです。
どっちかあけておいてね!

2010/02/19 17:16
行く〜
連れてって〜〜
カネコ
2010/02/22 09:40
カネコさん
予定、あけておいてね〜

2010/02/23 00:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
田遊び GOJARAPPE DAYS〜個人的な備忘録〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる