GOJARAPPE DAYS〜個人的な備忘録〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 腹が立った

<<   作成日時 : 2009/10/07 00:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

物を知らないので、今日初めて知ったのだが、特許侵害の裁判をハイテク企業相手に起こし、賠償金やライセンス料や和解金やらをせしめるという商売があるらしい。

パテント・トロールとかいうらしく、数年前から問題視されているようだ。眠っているような特許を安く買い取って、ハイテク製品に似たような技術が使われていないかどうかを調べ上げ、企業に特許侵害だといいがかりのように裁判を起こすらしい。それってや●ざのやり口じゃねぇ?

その手法もさることながら、腹立ちポイントその1として、出資金をとっていわば投機の対象となってるらしいこと。こんなや●ざのような手法に投資してまであぶく銭稼ぎたいヤツがいるのかと思うとげんなりしてくる。

さらに腹立ちポイント2として、こうやって企業が多額の和解金を取られたら、そのしわ寄せは誰にくるの?ってとこ。価格に反映させるわけにはいかないこのご時世と思うと、当然、経費削減。リストラやら派遣切りやら、長時間労働やらでとりわけ人件費を削減していくしかないくなるんだろうよ。

すごくゆがんだ構造だな。働けど、働けど、楽にならない庶民の上に、こういう商売が乗っかってるの? 腹が立つなぁ。こんな世界に誰がした!! 天につばするとはこのことだけど、こういう構図を変える術ってないんだろうか。。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ご賢察のとおり、一昔前まではパテント・マ●ィアと呼ばれていました。以下、特許業界で飯を食ってる自分からコメントさせて頂きます。

腹立ちポイント1、ご意見ごもっともです。しかし彼らは「個人発明家の権利を大企業から守る」という建前を使っています。そんなセールス・トークに乗せられてしまう(これまた弱い)人々もいるってことです。

ポイント2についてはボクもまだまだ勉強が足りませんが、和解額ははたしてそれほど「巨額」なんでしょうか。自分がPマ●ィアだったら、相手に大きな負担をかける金額は請求しません。特許なんていずれも多かれ少なかれ傷を持っているもの。大企業が本気になって証拠集めをすれば、あっさり潰れてしまう可能性があります。“チンピラの因縁”程度を請求しておくのがPマ●ィアとしては正解かと思います。

あと余談ですが、大企業からリストラまでいかなくとも冷や飯を食わされた発明者が、発明報奨金を要求して牙をむくケース(青色LEDとか)も多々ありますので、その辺も併せてご留意下さい。

えー。一言でまとめれば、弱者も簡単にヤ●ザになるってことを申述べたく候。

2009/10/09 02:13
かさん
おお、専門家のご意見、ありがとうございます。
和解金、某E社は10億円だったとのことですが
これは巨額とは言わないのか??

>特許なんていずれも多かれ少なかれ
>傷を持っているもの

そうなんだ!でもなんかわかる気がする
それぞれ傷を持ってるから、メーカー同士だと
多少のことは、お互いさま! 暗黙のむにゃむにゃにできたりするんでしょうな。
勉強になります!

2009/10/10 23:22
へー10億円は確かに高いねえ。勉強しておきます失礼々々。

ところでこの日記のネタ元はWBSですかね?
ボクは見なかったんだけど、会社の上司がなんか喋ってたようですわ。

2009/10/11 01:40
かさん
10億といってたと思うが、不確かかも(弱気)
で、ネタもとは、クローズアップ現代ですよ、NHKの。特許の世界もいろいろありそうですね

2009/10/11 13:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
腹が立った GOJARAPPE DAYS〜個人的な備忘録〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる