GOJARAPPE DAYS〜個人的な備忘録〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 選べるほうがいいんじゃない?

<<   作成日時 : 2009/09/27 23:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

夫婦別姓が実現するかもしれないの? そうなんだ。

なんちゃって別姓の私はどっちでもいい。もはや、屋号みたいなもんだもん、旧姓。こういう仕事しているからというよりも、企業にも旧姓で通している人、普通にいるしね。

まぁ、それはそれとして、基本は選べるほうがいいよね。

もし、別姓になって戸籍の名字も旧姓に戻してもいいよと、言われたらどうすっかな? 変えない気がする。

そのココロは変えるの面倒くさそうだから。名字、2つ使い分けるのがときに面倒ではあるけど、慣れたし。実印、つくっちゃったし。とか言って、いの一番に変えてみたくなるかも。

たださ、名字が一緒じゃないと家族が壊れるという人が今でもいるらしいことにはビックリ! んなわきゃないでしょうよ。どんな家族だよ、そりゃ。

「名字が一緒じゃないと、家族が壊れる」とかたくなに信じているような人の近くにいる人こそ、別姓を待ち焦がれているのかもしれないと思うと、やはり、実現できたらすごい。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
夫婦別姓を主張してきたのは左翼のいる民主党と連立を組んだ社民党の福島瑞穂(日本人の血は流れていない)である。
福島瑞穂は夫婦別姓を昔から実践しており、夫は左翼活動家の海渡雄一である。
法律で自分の行為を正当化すると同時に、日本において半強制的に夫婦別姓を推進し、左翼活動家同士が社会の不安定化をねらう意図がある。
福島瑞穂は海渡雄一と共に沖縄は日本の領土でないとして、米国が占領していた沖縄の日本への返還阻止活動を行ってきた実績がある。
生得的に反日活動に生きがいを見い出してきた女性である。
在日民主党
2009/09/28 06:44
>「名字が一緒じゃないと、家族が壊れる」とかたくなに信じているような人の近くにいる人こそ、別姓を待ち焦がれているのかもしれない

↑ここんとこ激しく同意します!
別姓にして(主として妻が)享受出来るメリット以上に、このようなかたくなな方々(夫)が、苗字などという形式ではなくて心から家族を顧みる貴重なチャンスだと思います。

2009/09/28 07:09
かさん
そそ、名字という形式で家族を括る時代じゃないよね!

2009/09/28 20:32
日常生活のほとんどを姓ではなく名(ファーストネーム)で呼ばれる生活をしていると、別姓どころか名字もなくてもいいんじゃないか、とすら思うことがあります。
外国人の友達はもとより、日本人の友達でも名字なんだったけ?、ということが多々あるので。
フラ
2009/10/03 22:31
フラさん
英語圏にいるとそうかもね。
私はどこでも旧姓で通しているので、
これが使えなくなるとすごく困る。

2009/10/04 23:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
選べるほうがいいんじゃない? GOJARAPPE DAYS〜個人的な備忘録〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる