GOJARAPPE DAYS〜個人的な備忘録〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 時間と空間と

<<   作成日時 : 2009/09/18 22:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

七連休2日目。宿題をさせていると、もうお友だちがやってくる。「落とし穴の続き、やろうよ」と。ああ、まだ10時だぜ! 「宿題してからだよ。今日の分、全部、終わらないとだめだよ」と言い聞かせると、ものすごい集中力で宿題をこなす。毎日、こうならいいのにね。

昨日、3人で遊んで1人1つ落とし穴を掘ったんだそうで。まぁ、数センチの穴だけど。宿題を終わらすと「遊びにいってきます!」と言ったきり、戻らない。リビングで仕事をしていると、声が聞こえるくらいのところにある公園で遊んでいるので心配はいらないんだけど。3人で遊んでいるはずがいつの間にか、2人くらい増えているような声。

お昼になっても戻らないので、1時前に公園をのぞくと、名前だけよく聞く上級生とか、見知らぬ高学年くらいの男子とかがいて、わいわい大騒ぎで遊んでいる。暇している小学生が子どもの声にわらわらと引きつけられてきたといった感じで。

「昼ごはんは?」というと、「まだいらない」とおっしゃる。聞いてないのに、「俺たち、さっきコンビニで弁当買って喰った」答える男子。ああ、お母さん、そうそう急に仕事が休めなかったのねぇ。。

まぁ、いいか。と放っておく。昼ご飯を作りながら、そういやここに来て半年、こんなにいろいろな子とわいわい遊んでいるのを初めて見たなと思う。前の学校でもそんなことなかったよな、今の子どもって忙しいもんなとつらつら思っていて、はたと気づく。

あ、そうか、いまどきの子どもは一緒にいてもゲームしかしないとか、外で遊ばないとかいうけれど、それは遊ぶ時間がないのがやっぱり大きいんだと。皆が自由に遊べる時間と場所さえあれば、こうして伸び伸び遊ぶんじゃない! 

平日は塾だの、習い事だので、誰かしら何か用事があるし、休日は親と出かけることが多いし。近所の子が一斉に暇してるなんて日が少ないんだよね。

若者のコミュニケーション能力の低下などもよく言われる昨今だが、子ども時代にたっぷり時間を与え、そこいらに放っておけば、自然に育つのかもしれない。

それが、難しいのが、今なんだけどね。

結局、2時頃、ダッシュで帰宅し、昼をかきこむとまた出かけ、真っ暗になるまで、わいわいと遊んで、充実感いっぱいの顔で帰ってきた子。思わぬ休みとはいえ、楽しくて何より。

ん? え? この人たちインフルエンザで臨時休校なのに! こんなんでいいのだろうか???? インフルエンザにかかったお子さんに申し訳が立たない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
時間と空間と“安全”ですよ。
子どもだけで公園で遊べる、なんてここでは考えられません。
男児でも成人並の体格・体力がつかないと怖くて一人では出せないですから。
安全面だけは日本が羨ましい・・・・。
フラ
2009/09/20 21:11
フラさん
まぁ、もちろん、空間には当然、安全も含まれているわけですが。残念ながら、どこでも、安心して遊ばせられるかといったら、そうでもないけどね!

2009/09/22 11:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
時間と空間と GOJARAPPE DAYS〜個人的な備忘録〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる