GOJARAPPE DAYS〜個人的な備忘録〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 仕事でいろいろ思ったことの備忘録。

<<   作成日時 : 2009/08/29 22:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

この間、会った若手の農業者が、「日本は野菜が安すぎる」とこぼしていた件、手間暇かけて有機栽培しても、その価値をわかってもらうのが大変だと。そうだよなぁ。野菜だけではなく、いろいろな食品でいえると思うわ。安全・安心のシステムを作るには、ものすごい時間とコストかかる。それでも価格に反映させられない。

その分は人件費を含めたコスト削減だったりするわけで、それは結局、めぐりめぐって給料ダウン、外注費も含むということになっていくという構図。自分で自分の首をしめていないか?

給料ダウンの中で、どうやりくりしているのか。今週は複数年代の専業主婦の方々とそんな話もした。目的は別のことだったんだけれど、ついついそんな話に流れがいく。働き盛りは今ホントにシビア。まぁ、うちもそういう家庭なんだけれど、出版なんて斜陽産業だし。うちは、共働きだから、ぼちぼち回っているだけ。

でも、やりくりをホントに楽しそうにしているのも印象的だった。30代の奥さんの生活の技をいろい聞かせていただき、ほぉ〜それはすごいと感心してみたりする。人は柔軟性のある生き物なのよね。

一方で、30代は、日本が豊かになりきってから生まれた世代なんだなぁとしみじみと思った。とても些末な話だけれど、「ティッシュでテーブル拭かないで、ぞうきんやぼろ布で拭けばお金もかからないし、無駄もないことに気づいた」とか「ウェットティッシュ買わないで、ぬれタオルを持って歩くようにしたら、母から『昔は皆そうしていた』と言われてた」とか。

そういう話に50代、60代は「んなもんの、当たり前」という顔していたのがおもしろかった。私も40代後半なので、そもそもそんな使い方をする発想がないよんと思う。世代の違いってよくバブルを知っているかどうかで切るけれど、生活の些細なところの違いが案外おおきいのかも。

近所のスーパーで麦茶の1リットルパック(紙)を見つけたときに「麦茶を売ってるの?」と驚いたり、緑茶(除・電車内販売)も水も売るのかよと見つける度にいちいち驚いた経験有りと、売っているのが当たり前で育ちましたとか。そういう豊かさを当たり前か否かという辺りにも何かが宿っているはずね。なんちって。

40代の編集者と桶川に行く。その編集者から「埼玉の桶川。ほら、モックンの出身地の!」と説明され、笑いそうになる。それでわかるのは、同年代だけだっぺ!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
在住10年にして最近やっとこの国でのやりくりのコツというのがつかめてきました。
移住当初の数年、知らなかったことが多すぎただけにずいぶん損してました。(T_T)
でも、やりくりも限界があるから、ダブルインカムがいいなぁ。
フラ
2009/09/05 16:06
フラさん
やりくりは限度があるけど
限度があるから楽しい
ってことで!

2009/09/07 08:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
仕事でいろいろ思ったことの備忘録。 GOJARAPPE DAYS〜個人的な備忘録〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる