GOJARAPPE DAYS〜個人的な備忘録〜

アクセスカウンタ

zoom RSS きれいな田んぼ

<<   作成日時 : 2009/07/04 23:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
岩手で田んぼの取材。田んぼは気持ちいい。青い稲がそよいでるのを見るだけで、ほっとするんだ。私にとっては、たぶん原風景ってヤツね。

東北は好きだなぁ。しかも、言葉がおれんちと似てる。似てるんだよ、おれの田舎と、ってのはこの間の謙さんの台詞だが。あ、あれも岩手に行ったときに言ってたっけ?? けど、柔らかいのがいい。おれんちのほうの人間は口が悪すぎ、きつすぎっぺよ。似て非なるものとはこのことだ。

朝が早いので前泊。天気予報は100%雨。日焼け対策より、雨対策。夫が自転車用のレイングッズをあれやこれや出してくれたのをそのまま持っていく。案の定、朝起きたら、しとしとと降り続ける雨。しかし、カメラマンは晴れ女。私も悪運は強いぞ。くじ運はないけど。

今回のメンバーで行った2月の東北は、前日の吹雪だったにも関わらず、翌朝は雪がやみ、大変美しい日の出が見られた。

だから大丈夫と言いつつ、8時の段階でまだ降り続く雨に悪運もつきたかと思われ、「やばいっすねぇ」と朝食を食べつつぼやく。んが、日頃の行いが良いので、9時に外に出たときは雨がやむ。晴れ女バンザイ!

で、取材したのは、山間の完全有機栽培の水田。こういうところのほうが有機にはむいてるね。だって農薬が飛んでこないもの。

きれいな田んぼ。まったく草が生えていないの。そして、蜘蛛がいっぱい。それだけ虫がいっぱいで、ここで生態系が作られているってことだ。すごいなぁ。ちょっと感動してしまう。

しかし、隣の田んぼも同じように育ててるはずなのに、今年は草が生えてしまっているんだそうで。「なんでか、わがんないんですけどね」と若き農業法人の経営者が首をかしげる。有機はやっぱり大変なんだなぁ。

この経営者、感心するくらいに志が高い。若い人を育てながら、地に足をつけてコツコツと仕事をしている。いいなぁ、こういう人がこれからの農業を引っ張っていってほしいなぁ。

そう思いつつ、農業の現実はホントに厳しいことをここでも思い知る。もっといろいろ勉強しないとなぁと。知れば知るほど、知らないことばかりなのは、いかんぜよと、気を引き締める。

そんなこんなで取材長引き、帰宅は7時50分頃になってしまう。6時前には帰れるつもりだったのに、大誤算。夫が午後から仕事だったので、友達と遊んだ後は、夕方から1人で子どもはお留守番。ひやひやしたが、ちゃんと待っていてくれた。仙台で買った駅弁を夕飯にしながら、「ちゃんとお留守番してくれたから安心して仕事ができる」「私が仕事ができるのはキミのおかげ!」と大げさに誉めておく。

今はこうして当たり前のように、メイドインジャパンの米を食べているが、この人たちが大人になる頃は果たしてどうよ? メイドインジャパンの米はなどうなんているのだろうか。う〜ん、なんとか食べ続けるためには何ができるんだろうか。。。。なんてことをマジに思った夜。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
>この人たちが大人になる頃は果たしてどうよ? 

ホント、ホント。
米を作ることがどんなに大事だかってこと、
やっぱり知っておいてほしい。

というからには、やっぱり、
自分でも米作らなくては…
と思う今日この頃。

でも減反ばっかで、ヨソモンにはさらに作りづらい!?
姐さんお知恵を。
カネコ
2009/07/08 20:40
カネコさん
使ってほしいと思う人は
いっぱいいるんだろうけど、
どこまで責任がもてるかが
未知数だと難しいかもね。。。。

田んぼで遊んでいる人たちに
混ぜてもらって1年くらい通って
「借りたい借りたい」を連発していると
誰か貸してくれそうな気はするが


2009/07/09 22:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
きれいな田んぼ GOJARAPPE DAYS〜個人的な備忘録〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる