GOJARAPPE DAYS〜個人的な備忘録〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 麦秋

<<   作成日時 : 2009/05/28 23:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

1年ぶりくらいに乗った東海道新幹線だが、トンネルばかりの北に行く新幹線と違って、ぼーっと車窓をみているのが結構楽しい。神奈川の途中辺りからは水田や畑がつながっていて、ああ、日本列島、都市なんてほんの一部なのよねぇ、都会を一歩離れれば、狭い土地に家と田畑が混在しているんだよなぁとしみじみ思う。

特に、東海道新幹線の沿線は、水田が多い気がする。水田と水田の間に家が並んでいたりすると、「大雨のとき大丈夫なのか」と心配になったりして。

水田を転作して麦を植えているところが多いらしく、ちょうど、麦秋の頃。あっちこっちが黄金色に輝いていて、とてもきれい。今はたぶん、大麦ね。麦は畑に植えるものの先入観があるせいか、田植えしたばかりの田んぼの隣が黄金色だとちょっと驚くが、懐かしい色。冬の頃の麦踏みを見なくなったのはいつ頃だっけ。

取材の後、「麦秋ですね」なんて車窓の風景をのんきに話題にしたら、「儲からないんですよねぇ」と、滋賀県内で実家が町の単位で米を作っているという人がため息つきつついう。

麦だけじゃ儲からないから、この後、大豆か、蕎麦を植えるそうだ。滋賀県だと蕎麦が多いんだそうで。

確かになぁ・・・・。輸入の方が安いだろうし。

麦の後に大豆等を作るのは、一昔前の畑では当たり前の風景だったけど、なんでそれがなくなったかといえば、安い輸入に押されたから。

でも米を作らない田んぼを放っておけば荒れていくから、なんか作ろうってことで、安いからやめた麦や大豆を作っているってことなんだろうか。それを思うと、そりゃ、大変だろうなと想像する。もちろん、手間暇それほどかからないとかいろいろ理由はあるだろうけどさ。

こういう構造を考えると、産業として維持させることが、どれだけ大変かを思うなぁ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
私も数年前、東海道新幹線で姫路屁で向いた時、麦畑の多さに驚きました。浜松へ帰る道はそんなでないから。
キレイでハッとしましたね。
確か、転作で助成金が出ているのではないかしら?
農業本にそんなこと書いてあったような気が。。。。
国産小麦ってパン作りの世界からすると、需要あるし、高嶺の花という気がするのに、やはり儲からないのかな!
でも大豆転作で町単位で成功している例もあるみたいですね。(愛知県、西三河地方)大豆も国産希少だから
いい取り組みだなあと。省力が基本みたいですよ。
大豆とか、麦。つまり器械いれて、労働時間短縮で。
一件では無理で、集落での取り組み。

と、まあ、うちのような零細兼業農家とは世界の違うお話です(^^;)実際苦労も尽きないと思われます!!!
じら公
2009/05/29 14:53
じら公さん
おお、浜名湖を通ったときにじら公さんのことを思い出しておりました!!

そう、助成金。転作にはつきものですな。
それがないと、転作なんて成り立たないでしょうね、たぶん。

前に別の転作作物の取材をしたときにも、同じことをおっしゃってましたよ。集約して機械化して、時間を短縮しないとやってられない。

それでも補助金が打ち切られたら、もうできないと。食べ物を作るのって手間だけじゃなく、お金もかかるんですよね。

2009/05/29 22:57
たしか日本は豪州産小麦の主要輸出先なんですよね。日本の農業も発展してほしいし、豪州農業(やっぱり厳しいらしい)も・・・、日豪ともにうまくいく農業政策があるといいのだけど。
フラ
2009/05/30 22:21
フラさん
日本ではあまり話題にならないけれど、
小麦にしろ牛肉にしろ、日本の消費者向けに豪州で生産している食の安全面でのレベルは相当高いそうですね。

視察した人が「日本の生産者はとても真似できない」と言ってましたよ。

日本では輸入品=不安みたいな風潮で一刀両断してるのが、ホントばかみたいと思います。

2009/05/31 23:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
麦秋 GOJARAPPE DAYS〜個人的な備忘録〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる