GOJARAPPE DAYS〜個人的な備忘録〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 読みました

<<   作成日時 : 2009/01/13 23:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

読みました。感想は、そうだなぁ、うんちゃんオットー、昔は細かったんだっけなぁとか、ささんの泥酔顔、懐かしいっ!とか、ええ?BBさんって3杯って決めてたの?知らなかった!!とか、店の写真、すごすぎじゃないですか? あれ、出しちゃ、ヤバイでしょうとか何とか。

本としては、後半のチェンマイの項辺りのほうが、この作者さんらしさが出ていておもしろいですね。聞き書きと、フィールドとの違いでもあるんだろうけど。愛蔵さんを通して、実は旅人としての自分を重ね合わせ、向き合っているような印象。旅人の終着駅はファンタジーじゃないことを、本当は作者さんが痛烈に感じていることなんだろうな。

等々、いろいろ思ったことはありますが、ときは確実に経っているのですね。皆、100まで生きて、毎年、桜の頃にはおいしいお酒が飲めるといいねぇ。会いたいねぇ。


愛蔵と泡盛酒場『山原船(やんばるせん)』物語
双葉社
下川 裕治

ユーザレビュー:
心に残る感動の名書! ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
BBさんとR父さんの2ショット写真の奥から
ごさんのデカい声までが聞こえてきそうな本だったね。

2009/01/14 21:20
ささん
ぐふふ、活字は音がないので
なによりです

2009/01/14 23:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
読みました GOJARAPPE DAYS〜個人的な備忘録〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる