GOJARAPPE DAYS〜個人的な備忘録〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 子どもの名前

<<   作成日時 : 2008/11/08 00:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

万国共通、子どもの名前に、親はいろいろな思いがこめる。最近は思いが強すぎって、なんて読む?ていう名前もあるけれどね。「え?その子は日本人?」と聞き返してしまうような名とかね。うちの学校は両親共にか、もしくは、どちらかが外国籍の家庭もちらほらいるんだけど、案外そういう家のほうがシンプルな日本的な名前をつけてる。

でも、こんなに自由奔放に子どもの名前をつけちゃう国民は、少数派らしいね。名付けって宗教の影響とかもあるからだろうけど。イスラーム名の名付けのリストを見せてもらったことがあるけれど、だいたい、聞いたことのあるような名前で、どれもムハンマドに由来していた。

私の場合は、親は大した思いをこめなかったらしく、小学校のとき、父親にどうしてこの名前をつけたのかと聞いたら「君が代の君と、枝の枝だ」とあっさりいわれ、ひどくがっかりした。それ漢字を教えてくれただけで、思いでも意味でもないよ。と子ども心に思った。ま、そのまんま、君代じゃなくてよかったけど。あの頃の名前付けなんてそんなもんだったのかもしれないが。

んで、本題。前フリ長いな。2年生の生活科では、4月に親が子に手紙を書くという宿題が出された。生まれたときどうだったかと、誕生をどんな風に喜んだとか、どんな思いで名をつけたかとか、そういう内容を盛り込んだ。それを先生に預け、その子の誕生日に先生がみんなの前で読んで渡してくれるんだそうで。

クラスメートの誕生日があるたびに、帰ってきてその話を子どもがしてくれる。それがなかなか楽しい。へぇ、あの子の名前はそういう意味だったんだと思うと、ちょっとグッときたりする。

今日は、Gくんという男の子の誕生日だったそうで、名前のゆらいは「お母さんがGひろみが大好きだったから、Gくんってつけたんだって!」という。それを聞いて、ちょっと泣きそうになった私。

Gくんのお母さんとは会ったことがない。昨年亡くなったから。入学してすぐの頃で、最初の連絡網が、亡くなったので皆で少しだけ御香典をというものだった。上にお姉ちゃんやお兄ちゃんがいる末っ子だそうだが、こんなに小さい子を置いて逝ってしまうなんて、どれだけ心残りだったろうと思うと、会ったこともない人の死がとても悲しかった。

でも、ちゃんと、お母さんの思いがこうして名前に残っているんだと思うと、ほろっとした。それも、生きた軌跡だよな。そっか、Gひろみから取った名前なんだ。

「じゃ、Gくんも、Gひろみみたいにカッコイイ男にならないとね!」
と言ったら、子ども曰く
「その人って、カッコイイの?」
あらら、知らないの? おばあちゃんやおじいちゃんだって知ってる超大スターなのに。そういや、最近は、高須クリニックのCMくらいしか拝見しないもんね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
Gくんの話、読んでるだけっで
私もホロっと来ました。
名前の由来が軽いと思ったけれど
亡き母の思いが色濃く伝わります!!
最後のおちに笑わせてもらいました。
あの人、あちこち高須にお世話に
なってるのかな???
C&C
2008/11/08 08:09
うちの命名のポイントは親が正確にアラビア語で発音できること、英語のつづりと発音が一致すること、漢字が当てられること、でした。

アラビア語のKH、Hの発音はR、L以上に日本人には難しいし、アリのア、ウマルのウも正確に発音するのは大変です。私のコーラン読誦の先生のご子息がウマル君で、子ども相手とはいえ呼ぶ時には緊張していた私です。


フラ
2008/11/08 21:36
C&Cさん
お元気だったらね、「あら、やだ」と笑うような由来なんですけど、だから余計にですよね。

あの方、この間、なんかの雑誌の高須の広告でお見かけしましたけど、とてもお若くて、40歳くらいにしか見えませんでしたよん。

あの広告に出ること自体、ある意味、勇気ありますよね。

2008/11/08 22:41
フラさん
呼びやすい名前に決まって良かったですね

2008/11/08 22:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
子どもの名前 GOJARAPPE DAYS〜個人的な備忘録〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる