GOJARAPPE DAYS〜個人的な備忘録〜

アクセスカウンタ

zoom RSS 大変なお仕事

<<   作成日時 : 2008/11/15 00:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

子どもの学習発表会を見に行く。学芸会だな、いわゆる。うちの学校は1,3,5年生が音楽系の発表で、2,4,6年生が劇の発表と決まっている。隣の区の友だちも同じことを言っていたので、どこの学校もそんな感じなのかな。

行事の多い二学期の山場の1つなのだが、つくづく先生というお仕事も大変だなと思う。2学期が始まってすぐに夏休みボケの子どもにカツを入れつつ、運動会をやって、遠足があって、息つく暇なく劇の練習。もちろん通常の授業もあって。いやはや、お疲れさまだね。先生って残業代とかつかないんじゃなかったっけ?

こういう発表系の行事って、先生の力量が問われるんだよねぇ。子どもは短い時間に集中して1つのことを作り上げる喜びやら達成感やらを経験できるいい機会なんだろうけど、先生はまとめあげるのが大変だと思うよ。

今年は特に音楽の先生が50代の超ベテラン先生から、卒業して2年か3年くらいの若い先生に変わったばかりなので、大変そうだった。担任はだいたい40代後半から50代のベテラン揃い。なんかうちの学校は、30代の先生が少ないのだ。しかも、皆、厳しい。新卒だったら、親子くらい違うかも。その担任と歩調を合わせつつ、生意気な小学生をまとめて、合奏や合唱を完成させていかなくてはいけないなんて、もし自分が23歳だったらと想像しただけで、胃が痛くなりそうだ。

少子高齢化なんだから、もっと教育に金をかければいいのにね。保育にしても教育にしてもどんどん環境が悪くなっていくのってどうなの? 子ども、いらないのか、この国は。

1クラスの人数を減らして先生の数増やすとか、新卒の先生にあまり負担をかけないような配慮をするとか。先生にももっと研修したりして、新しいことを吸収する余裕をもたすとか。ゆとり教育でも学力重視でも、もっと金をかけて、先生の数と質を高めないと、結局、絵に描いた餅だずら。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
子ども、いらないんだよ、この国は。妊娠・出産からして環境悪いもの。
てゆーか、国民いじめたいのか、殺したいのか、この国は、って思うよ。
shiba
2008/11/15 19:13
日本の小学校は設備や教科書・教材は充実してるし、給食はあるし、環境的には恵まれてるように思うのですが、実際はそうでもない?
少子化でクラスの人数も少なそうだし。

こちらの小学校なんてプールなし、体育館なし、教科書なし(プリントとノートで勉強)、給食なし。1クラス20〜30人くらいです。
フラ
2008/11/15 22:03
shibaさん
国民を生かさず、殺さずが、封建時代の基本でしたが、今は、足らす汗水まで残らず絞り取られていくような感覚があるよね・・・・。

2008/11/16 23:42
フラさん
インフラは確かに恵まれていますよね。でも、センセイはきつそうです。あとクラスは少子化でも40人学級が基本す。子どもの数が少なくても40人だったら1クラス、41人だったら、一応2クラスになるという、杓子定規さは相変わらず

2008/11/16 23:45

コメントする help

ニックネーム
本 文
大変なお仕事 GOJARAPPE DAYS〜個人的な備忘録〜/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる